神戸でクラウド会計を依頼するなら【FourCservice】TOP >  コラム > 薬を買うと“お得に節税”セルフメディケーション税制と医療費控除の違い

薬を買うと“お得に節税”セルフメディケーション税制と医療費控除の違い

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this page

 

薬局やドラッグストアなどで買い物をし、特定の条件をクリアすれば、所得税の軽減につながります。

 

そして今年から始まったセルフメディケーション税制は、

少額で利用できるため、多くの人の利用が見込まれています。

 

そこで「従来の医療費控除と何が違うのか」「どちら使ったほうが控除額が大きいのか」を詳しく解説していきます。

 

医薬品

セルフメディケーション税制とは?


 

ざっくり言うと、スイッチOTC医薬品の購入金額が年間で12,000円を超えると、所得控除が受けられる制度です!

 

適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払ったその対価の額の合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8千円を超える場合には、8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除する。(厚生労働省HPより抜粋)

 

 

スイッチOTC医薬品とは?


 

スイッチOTC医薬品は、医師から処方箋を受けなければ手に入らなかった医療用医薬品が、薬局等でも買えるOTC医薬品に切り替えられたものです。

(例.アレグラFX、イブ、ガスター10、サロンパスEX、ロキソニンS等)

 

厚生労働省HPに詳しい品目が載っています
【厚生労働省】セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

 

 

ちなみに、

OTC医薬品:薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されている医薬品

医療用医薬品:主に医師が処方する医薬品

 

 

医療費控除とセルフメディケーション税制の違いは?


 

大きな違いは両者の「対象」となるものです。

セルフメディケーション税制の対象はスイッチOTC医薬品の購入費用だけとなっており、かつ、一定の条件があります。

 

セルフメディケーション税制 医療費控除

 

 

 

 

注意点は?どっちが控除額が大きい?


 

セルフメディケーション税制と医療費控除は併用ができません!

そのためどちらを選択するかで控除額が変わってきます。

 

 

例1.総所得200万円以上で、医療費に年間15万円(内5万円スイッチOTC医薬品購入費)の場合

 

医療費控除額は50,000円

セルフメディケーション税制控除額は38,000円

→医療費控除額のほうが大きい

 

 

 

例2.総所得200万円以上で、医療費に年間15万円(内10万円スイッチOTC医薬品購入費)の場合

 

医療費控除額は50,000円

セルフメディケーション税制控除額は88.000円

→セルフメディケーション税制控除額のほうが大きい

 

 

まとめ


 

  • ・セルフメディケーション税制は1万2千円を超えた金額を控除できる
  • ・対象はスイッチOTC医薬品購入費のみ
  • ・控除には条件がある
  • ・医療費控除との併用はできない

 

セルフメディケーション税制は来年の確定申告(2017年分)から適用になります。

領収書は忘れずに保管してください。

他にも確定申告でお困りの方はぜひ当社にお問合せください!

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this page
神戸でクラウド会計を依頼するならFourCservice
TOPに戻る